わたしUIとかUXデザイナーという言葉は否定派なんです。について説明しよう。

すっかり寒くなりまして、時折暖かい日差しのある日なんてのは、巷ではやれ「これが温暖化というやつだねぇ」、「いやいやシューゾーが帰国したからに相違ない」なんてお話が出ているようですね。まぁたぶんシューゾーは関係ないのだけど。

ということでこんばんは。

夜のまつおかしゅーぞー。WP-オレン…あらため、たあです。

このくだり久々ですね。

それはさておき、先ごろ知人に

「わたしはUIデザイナーとかそういう言葉否定してるんで」

ということを言ったら、「どういう了見ですか」と食いつかれる事があったので、ここらで書いてみようと思った次第です。

そもそものUI、UXデザインという定義については、まぁ元が横文字ですからね、人によってちょっと解釈違っちゃってる部分もあると思いますが、UIはインターフェース。つまり機械的使い勝手。UXはエクスペリエンス。体験。となるわけですが、「UIとかUXってなんですか?」とわたしが聞かれた時には

UIは「いつ、どこで、だれが、なにを、どうする」の未来。

UXは「いつ、どこで、だれが、なにを、どうした」の過去。

それぞれ、何かモノを使うときに『この人ならこうするだろう』とか、『こういう人ならこんな動きが喜ばれるだろう』の考慮をしていくことだと思えばいいんじゃないですかぃ?

とざっくり説明しております。

なもんで、過去の経験から未来を予測するから、UIはUXの一部ですよ。と。

まぁこの辺はあんまり書くと「何を申すかこのペテン師め!」とか言われちゃうので、よしとしてください。本題ここじゃないんで。

で、本題に戻るとして、「じゃぁお前さん、ユーザーなんて勝手にやればいいんだょとでも思っているのかい?」と言われれば、「んなわきゃない」。

で、わたしなりに何故、ここにきてUIとかUXとかの話がやたら上がってきているのか。いろいろ考えてみた結果。

Web系にデザイン=見た目職人のイメージが強すぎたから

だと思うんですよね。

そもそものデザインの意味は日本語で言えば設計であって、絵描きじゃない。

印刷や販促を扱ったグラフィック畑出身の人ならわかると思うのですけれども、「いつ、どこで、だれが、なにを、どうして」なんて考えるのはごくアタリマエのことで、例えば電車の中吊り広告。これ、作り方の基本として「下の方にポイントになるものを持ってくる」とかあるんですわい。

というのも、その状況を想像してもらえればわかると思うのですけれど、あの吊ってる広告って、一番下は絶対にかぶらない場所なのでね。

だからそこにポイントを持ってくるのが良いと考えるわけです。(必ずそうなっているとは限らないし、考えてない人もいるはずなので「違うじゃねぇかすっとこどっこい!」とかは受け付けません)

中吊り広告の絵

それがどうでしょう。

Webの場合、基本的には今まで“環境を考慮する”という作業がとても少なかった。

なぜかっちゅーと、まずひとつ言えるのは

パソコンがずっと主流で、それをベースに考えていたから。

そして視線誘導が基本的にはF型のみだった。

この2つが大きいのではないかなーと。

しかし、デバイスや技術の変化などで、この数年で大きく変わってきた結果…。

なんということでしょう。

わたしたちは人間を想像することを忘れていました。

となったんじゃないかなと思うのです。

そこに気づいてしまったために、

「じゃぁ見た目より見る人を考えた機能とかで作る人にならなきゃ。あれ?それはなんて呼べばいいんだ?」

の結果、UIデザイナーという事になったのかなと思いました。

まぁ実際いろんなUIデザイナーさんにお話聞いていると、「お客さん側がデザイナーを見た目職人だと思ってるから、UIって入れておくだけで、こちらの意図が伝わるから良いよ。」

という方もいらっしゃって、それはたしかにそうかも知れぬね。

ということで、わたしはデザインにユーザーを考慮するのは当たり前すぎて、わざわざUIとかUXとか言ってるのがあんまりしっくりこない、頭の硬いおっさんなんで、そこんとこ大目に見てやってください。

UI不要説どうこうのアレではなく、それはデザインの基礎ですよ。ちゅーことで。

と、いうこのをここまでダラダラ書いているけれど、仕事ではしっかりUIについての話や執筆もしちゃってるので、どうぞよろしくお願いいたしますん。

と、昨日書いたこの記事を自分でふと見なおして、気づいてしまったよわたし。

UIデザイナーというからデザイナーの一つの種類みたいになってて気持ち悪い。

デザインのUI

と言い換えたらなんか普通だよね。

ということで、肩書は“UIデザイナー”ではなく

デザイナー UI責任者

とか書くのをご提案しますがどうだい?

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です