息子のちんちんの皮について悩めるお母さんのために

どうもこんばんは。
大阪遠征から戻りたて、旅するデザイナーたあです。

さて、今日は母の日ですね。世間のお母さんたち本当にご苦労様です。
感謝です、日々感謝しております。
そんなお母さんたちのために、ふざけているようで大真面目な「ちんちんの皮」についてお話ししようと思います。

 

日本では確かに割礼(皮を取る儀式)はあまり馴染みがないですが、海外ならば

マミー:今日この子の皮が無事に取れたわ

ダディー:Oh!なんで教えてくれないんだ!大事なことだよ!

という会話があるとかないとからしいです。ホントに。

 

てことで、まず皮についてですが、世に言う「むく」と言う作業、これが男子にとっては重要です。ふざけてません。マジです。
何が真剣なのかって言うとですね、まずデメリットをあげて見ましょう。

 

デメリット

  • ゴミや汚れが溜まって不潔&痛みなどを伴う尿道炎などの病気にもなり得る
  • おしっこがうまくできるようになるよう、尿道口を広げる。逆にいえばそのままだと尿が溜まったりしてしまいますます不潔&あとあと問題となる
  • 大人になる時困る

と言うのが代表的なデメリットです。
もうお分かりですね、つまりむくのがベスト。もし問題がないなら特にむかない理由もありません。

 

次にむく時期

  • 生後2ヶ月くらいが良いとされる

これは色々理由もあるみたいですが、まぁぶっちゃけ「本人が痛みとかもよくわからんうちにやった方がいい」と言うのが大きいです。
でも別に「うちもう半年過ぎちゃった!」とかでも何も問題ないです。可能なら早いうちが楽よ。てだけ。

そしてむく場所

  • お風呂場

これが一番清潔ですし問題もないそう。
てか病院でやってもいいならそれが一番ね。

むき方

  • いきなり無理やりやらない。ちょっとずつ慣れさせる
  • むけた後放置しない。炎症にならないためにも皮は戻す。

だそうです。
無茶だけはやめてあげて。ちょっとずつね。

いやぁ、こんなことを深夜に真面目に書くのもなんですが、保育の相談員の方とかも「女性であるお母さんはわからなくて結構悩むんです」と真剣にお話ししていましたし、4ヶ月くらいになると「むけ具合」とかも見られたりするようです。と聞いています。

世の中のお母さん。心配しなくても大丈夫です。
グイッとやってみてください。「かわいそう」と思うならば尚のこと、あとでむけていない方がかわいそうなのです。

そう
真性包茎は親の責任
と言っても過言ではないのかもしれません。

心配ならばお父さんと、そして病院の先生とかにも相談してみましょう。
誰もバカにしたりはしません。

 

と言うことで、息子のちんちんをクリエイトするデザイナーのたあでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です